カシコク活用ができるふるさと納税|高級特産品が身近になる

お得なお礼の品

食材

ふるさと納税で控除される金額は、寄付をしたお金とほぼ同額なので、いまひとつ利点がわからないという人は多いでしょう。ふるさと納税の最大の利点は、地域の特産品を手軽に手に入れられることでしょう。地域へ旅行に行かなければ食べられない特産品を、手軽に得ることができます。

使い道も把握できる

果物

ふるさと納税は、地域の自治体のホームページを見ることで、寄付額の使い道を調べられます。有意義なことに使っている自治体や、震災などで復興が遅れている地域を元気づけるために寄付を行なうことができるでしょう。

便利なポイント制度

風景

ふるさと納税の中でも、便利に利用ができるのがポイント制度で利用ができるふるさと納税です。少額ずつ貯めて高額な特産品に引き換えることができるので、家計の負担も少なくなります。地域ごとに有効期限があることに注意し、利用しましょう。

税金の控除がされる

魚介類

最近多くの人が目にすることのある単語といえば、ふるさと納税でしょう。どういう仕組みの制度か分からず、「納税」という言葉からあまりよい印象をもたない人も多いでしょう。このふるさと納税は、消費税や所得税など、国に収めるべき税金とは異なります。お金を収めるところは国ではなく地域なのです。ふるさと納税は各地域の復興のために始められた制度であり、積極的に利用することで地方を元気づけることができるでしょう。現在多くの若者は、地方で働く人よりも都会に出て稼ぐ人の割合の方が大きいものとなっています。そのため地域に若者が減少し、財政的に困難が生じている地域が多くあるのです。ふるさと納税は、都会に出た若者が地方へお金を回せるように始められた制度です。利用することで、問題となっている地域の過疎化にも歯止めを掛けることができるでしょう。

地方に対しての復興策として行なわれるふるさと納税ですが、わざわざ自分がお金を出さなくてもよいのでは、と考える人もいるでしょう。地方がいくら復興しても、現在生活をしている自分に何の見返りもないとなれば、寄付を行なうことに抵抗がある人も多いでしょう。このふるさと納税は地域にのみ得があるわけではありません。地方にお金を入れることで、節税対策ができるというメリットもあるのです。ふるさと納税で地方にお金を寄付すれば、地方から寄付額を記した証明書が発行されます。確定申告の時に税務署へこの証明書を持っていくことで、寄付額に応じた金額を控除してくれるのです。しかしながら、わざわざ証明書を税務署まで持っていくことが面倒と感じる人もいるでしょう。そこで最近では、証明書不要で控除を自動で行なってくれるワンストップ特例が制定されました。寄付をする自治体が5つ以下であれば、納税先の団体が住んでいる地域の市町村役場に情報を送るため、面倒な手続きをせずに節税対策ができるでしょう。また地域毎の特産品も受け取ることができます。高級特産品が身近に感じることができるのが大きな魅力でしょう。